またトイレに行きます

f:id:stantsiya_iriya:20210318204801j:plain

人形シリーズ ザギン編

今朝は、お湯を沸かして、ストレッチして、お茶をあげるというルーティンをこなしました。ふつう。平熱。結膜炎の症状なし。空咳ときどき。嗅覚あり〼。ルッコラの麻痺も完全になおって、あとはハゲだけ。

トイレに夜三回起きて、朝二回行って、もう一度行きたいような気分ですが、そうすると遅くなるかな。封筒をポストに入れたいのですが、切手が四円足りず、コンビニで売ってるとは思うのですが、要確認です。

f:id:stantsiya_iriya:20210404054758j:plain

沼津の漁港のカサゴの唐揚げ。

f:id:stantsiya_iriya:20210404054834j:plain

一匹頼みました。甘酢がついてくるのですが、齧るのに忙しく、甘酢をつけ忘れます。レモンを絞ってかけると、ジュワ~と音がして、再加熱がよく分かります。バリバリ食える。

f:id:stantsiya_iriya:20210404054841j:plain

こす煮という静岡県の郷土料理。鮪の魚卵なのか、鯛の魚卵なのか、検索してると分からなくなり、お店で訊くと、前者とのこと。

f:id:stantsiya_iriya:20210404054858j:plain

拡大。この店は朝七時からやってるので、始発に乗って駅から歩いて三十分、到着するともう結構席は埋まってたのですが、それから少しすると、空く席もあり、ほかにもう一軒早朝からやってる店は、小さいだけあって、行列で、たくさん人が押し寄せて金属疲労する店のパターンにならなければいいな、と思います。こっちは、従業員も多いので、行ったことないですが、赤羽の朝からやってる飲み屋が、こんな感じかなあと。

支店が増えてからどうのこうのとか、昨今はパーティションがないので(アルコール消毒とマスク着用はある)口コミなどすごかったですが、あたりを歩くと同業がいっぱいあって、朝からやってないので(休業してる店もあり)見えないバトルがあるのかもしれないと思いました。

f:id:stantsiya_iriya:20210404054851j:plain

これを見れば、ああ、あの店か、と。揚げ番や洗い方が、よく灼けておられましたが中国語を話していて、よく聞きとったわけではないですが、"洗快,洗快"と言っているように聞こえ、皿洗いを、別にイヤミでもなく、早くと言ってるだけですが、普通話では、"快洗"になるのが形容詞と動詞の順番が逆になる、西北方言のような気がしたのですが、聞かずじまい。西北はキンペーチャンの故郷ですが、そこの人が沼津で働いてるとか、そうそうそんなこともないか。知り合いの知り合いの知り合いくらいの中国の人が沼津にいるはずなのですが、それくらい遠いと、一度会っても面識なしと同じです。

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

【後報】

漁港の店、扉半開きにすればだいぶ違うと思いました。公共交通機関組もいないわけないはずですが、ほとんど口コミでボロクソ言われてるとおり、県外ナンバーヴィーコーの嵐ですので、飲んでる人はまずいませんでした。そんかわし、私も朝トイレ行かず出陣したので思うように腹に入らなかったのですが、同様に、おなかが目覚めてない人が多いのか、ガッツリ頼んで呆然としてお宮にしたり残したりという人がちらほら見受けられました。突き出たお腹を見ると、本人も、普段はもっと入るはずなのに心外革命という顔付なのが納得です。

(2021/4/6)