『風のベーコン・サンド 高原カフェ日誌ダイアリー season1 』(文春文庫)読了

他の方のブログを見て読もうと思った本。読んだのは同年同月25日の二刷。 

解説・野間美由紀(この六年前に一家揃って軽井沢移住した縁もあって解説とか)

野間美由紀 - Wikipedia

巻末に特別収録「髙山かづえさんが作るカフェ「Son de vent」のレシピ

(ベーコンサンドと淡雪羹の二点)

イラスト・中島梨絵 デザイン・上楽藍 DTP制作・エヴリ・シンク

全六話。最後のみ書き下ろし。ほか四話が初出「オール讀物」2012年と2013年。五話めのみ「小説宝石」2014年に文春から単行本刊。

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 (文春文庫 し 34-19)

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 (文春文庫 し 34-19)

 
風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 (文春文庫)

風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 (文春文庫)

 

 この人の本を読んだのは初めてです。柴田ヨクサルの別名ではないと思いました。

柴田よしき - Wikipedia

ツイッターライブドアのブログは見れましたが、公式のサーバをご自分で持たれてたのかな? 公式がアクセス出来ないですが、12時間前に仕事用メインマシンシステムがタヒんだとツイートされてました。FBもあるようですが私はFBのアカウント作ってないので見れません(作れと言うポップアップが記事の前に出て妨げる)

このように電子媒体も縦横に使いこなしている方だからなのか、文体が、新しいと思いました。ひとりひとりのせりふが、中身がぎっしり詰まっているんですよ。情報量が多くて、それが整理されていて、よどみがない。まるで誰かネ申が前段で「今北産業」と言ってそれに応えているかのように、トロくつっかえつっかえ同じことを何度も重複しながらキャッチボールをするということがない。

原稿だから推敲されてるのは当たり前なんですが、ひとむかし前の、一行改行の会話や文章をつらねていくことが、読者にも読みやすいし(でも情報量は極薄)原稿料的にもWin-Winであるといった思想はここにはありません。実際にこんな流暢にぺらぺら自分が高原にカフェを開くに至った経緯や不妊や農業情勢を語れるわけがないですが、小説ですし、タブレットに入ったパワポがそこにあるかのような整然とした情報の開陳は読者の理解を助け、この情報過多時代に於けるスムーズな意思伝達意思疎通は時間の効率的運用につながりストレス軽減にもなる。ただでさえまとまった時間活字を追うことは一日の雑事の中では贅沢な時間なので、そこで情緒だけの一行改行読むよりは、サクサク要点を整理して読めるものを読む選択もありなのではないか、そういうものを提供しています、というロジックを感じました。

で、それで第一話が、カフェは定食屋ではないのでテレビはないけれど、ティールームみたいな大部屋にテレビを置くのならいいのではないか、冬も閉鎖しないで暖炉燃やして(地域の住民が冬季にガソリン炊いて外出するリスクはまた別で)という話なのが暗示的だと思いました。

頁23「風音」

 カランカラン、 とまたカウベルが鳴った。入って来たのは、くたびれた作業服を着て赤黒い顔をした男だった。

こういう描写があるとすぐ、肝臓かな、と思ってしまう私がいますが、それは作者の意図するところだったようです。

頁24「風音」

 奈穂は最初、男が酔っぱらっている、と思った。そのくらい顔が赤黒かったのだ。年齢はどのくらいなのだろう。五十代にしては老けているし、(中略)

 してみると、この人、地元の人ではないのかしら。でも。

(中略)

このあたりで、土木工事をしてるとこってあったかしら。

(中略)

「おい、ここテレビ置いてないのか」

 意表をつかれて言葉を吞み込んでしまったが、落ち着いてにこやかに返す。

「申し訳ありません。テレビは置いていないんです」

「なんだ」

 男はがっかりしたように肩を落とした。

「このへんでテレビ観ながら飯食えるとこ、ないかな」

「農協通りの『百合そば』なら観られますよ」

 南がなんとなく不機嫌そうな声で、男の方を見ずに言い、小さな声で独りごとのように付け足した。

「ここはカフェなのよ、テレビなんかあるわけないじゃない」

蕎麦屋が休みだったんだ」

 男は言い訳するように言って、そのまま店を出る素振りをした。

「あいすみません」

 奈穂が頭を下げると、男は一瞬奈穂の方を見て、躊躇うように店内を見回した。

「飯、食えますか」

「ランチメニューでしたら。お豆のカレーか、チキンのコ……チキンのお料理になります」

「カレーは好かん。チキンでいいです。ご飯つけて」

「あ」

 チキンのコンフィにつくのはパンだったが、奈穂は頷いた。

 別にこの男性がDV振るうわけではないです。ここでこの人はカレーは好かんと言ってますが、頁102「夕立」ではそのお豆のカレー食ってます。牛乳つけて。ナゾのミステリー部分は今北産業にはなりません。緩急メリハリがあるということで。

頁63、あさまベリーが分かりませんでした。下記かな?

ja.wikipedia.org

 頁117、ロケットが分かりませんでしたが、検索すると、英語ではルッコラをそう呼ぶとか。

ルッコラ - Wikipedia

 この小説はBLTサンドに真っ向から勝負してるわけですが、私がBLTサンドに言及、というかBLTサンドに言及してる本を読んでそれをメモった感想は下記です。開高健はプレイボーイの名編集長島地という人に教えられるまでBLTサンドを知らなかった。

stantsiya-iriya.hatenablog.com

stantsiya-iriya.hatenablog.com

最後の話で、いい感じの男がもう「君」呼ばわりになっていて、接近はえーと思いました。おとなだから(棒 カフェスクールって、そんなにみっちりしごくんですかね。いいところで学ばれたなと。虎の子の開業資金棒に振って終わらないために、講師も生徒も必死な学校がある、という気がしました。戸塚ヨ…富士山いっしょうけんめ…もし宅配業者がカフェスクールを開いたら。

とまれ、シロウトが開業して店が継続する説得力(マジックに頼らない)は、いくらあってもあるにこしたことはないので、次巻も読んでみます。あと、DVする人はそれの対象をみつけるのもうまいというおそろしい現実があるのかなとときどき思いますが、そういうわけでもない現実も多数あるのだろう、この小説はそっちのほうの反映、と思うと気も楽ですし、それが肩が軽くなる読後感につながると思いました。以上

雨です

f:id:stantsiya_iriya:20190521075750j:plain

なかなか降ってます。

ラジオ体操行きませんでしたが、お休みだったと思います。ストレッチは…これからしようかと。雨なので、①ジャマイカの烈風や江南春の読書感想を書き終えて『中国のアメリカ人』の読書メモを読んだところまで打ち込む ②献血に行く ③床屋に行く etc.を考えてますが、①と②③は二律背反で、どっちか取るともう一方の時間がなくなります。桃尻訳枕草子調で言うと、時間って幽玄有限よ!小壮不努力,老大徒伤悲。

https://www.google.com/logos/doodles/2019/willem-einthovens-159th-birthday-5681668177264640.3-2xa.gif

https://www.google.com/doodles/willem-einthovens-159th-birthday

ja.wikipedia.org

今日のグーグルロゴは心電図の発明でノーベル賞もらった人の生誕159周年だそうで、アイントホーフェンなんか、サッカーのPSVしか知りませんでした。表示国は、オランダ、ドイツ、フランス、イギリス、アイルランドオーストリアハンガリーポーランドチェコスロバキアクロアチアブルガリアギリシャスウェーデンフィンランドエストニアリトアニアアイスランドイスラエル、オーストラリア、ニュージーランド、日本、ペルー、チリ、アルゼンチン。

https://www.google.co.jp/logos/doodles/2019/willem-einthovens-159th-birthday-5681668177264640-s.png

ビッグコミックオリジナルを買って、猪瀬直樹がコラム書いてて、黒沢は厨二病で。保護観察漫画、昔、ダフ屋のこともプッシャーと呼ぶ人に中国で会ったのですが、英語、違いますよね。なんでプッシャーなんだろう。『卵をめぐる竜の戦争』はFFXIVだそうで、茅ヶ崎駅前の書店で昔見かけた本かな。

以前、「老狼」という激しく厨二病的な名前の歌手の"同卓的你"という歌を聴こうと思って検索したら容易に見れたことがあり(日記にも貼った)、その歌はクラスメートの女の子を歌った歌でした。男の同級生(というか寮の四人部屋だか八人部屋の同室)を歌ったホモソーシャルな歌もあったなと思い、タイトルが思い出せなかったので上記の歌の入っているアルバムの歌をかたっぱしから試したのですが、けっきょくそれに入っている歌ではなかったです。捜すのに少し時間がかかりました。地方のカセットテープに入っている歌なんてそんなものなのか。あるいはボーナストラックだったとか。

恋恋风尘(老狼国语专辑)_百度百科

baike.baidu.com

上の百度百科だと、作詞作曲の高暁松という外見は秋元康似で中味は小室哲哉?な人が卒業後仕事に倦んで昔の仲間を呼んでオゴリ飯というか飲み会やった時に、寮時代上のベッドだった野郎からかかってきた電話で思いついて作った歌とあり、その人の百度百科だと、電話の後便所に駆け込んで作ったとディティールが付記されています。

www.youtube.com

この動画の男性は老狼ではなく、そのへんの大学生をイメージしたもの。女の子の造型も含めて、意図が感じられます。タンゴみたいなギターが聴きたかったのですが、「寄こしてくる手紙がどんどん他人行儀になってる」とか「今は友人も多いとのことだから昔のようにあれこれの悩みを持ち出したりしなくなったんだろう」とか、やっぱり歌詞もうまいなと思いました。"你曾经问我的那些问题, 如今再没人问起"というサビの部分、"那"を「ネイ」と歌ってるのですが、私の覚えてる歌い方だと「ナー」で、"如今"も"現在"で覚えていて、"问起"も"問我"で覚えてました。

オッサンになった老狼🐺が歌う動画はyoutubeにはなくて、youtubeより前の広告動画の時間が長い中国のサイトでした。現時点で。

v.qq.com

と思ったらyoutubeにも出た。

www.youtube.com

テンセントの広告動画はyoutubeの数倍長く、消し方はいっしょかどうか知りません("VIPPER"になれば消せるということか)下の動画などは、完全に煽りが過分で、歌も最初別の歌でその後ラップアレンジで入ってるし、観客総立ち大合唱ってそうなん?という感じで。きたろうみたいな外見のおっさんが中味は呼ばれたらどこでもいちご白書歌いに行くデ、みたいな人で、そういう感じのステージに、前述の外見は秋元康似で中味は小室哲哉?な人が現われるという、とりあえず観衆やその辺のVIP席のお前は誰だみたいな有名人をアップで抜く演出はこけおどしで馴染まないのでやめてほしいと思いました。でもそういう意見は少数派なんだろうな。

老狼、高晓松演唱《睡在我上铺的兄弟》 现场观众大合唱经典!_腾讯视频

老狼はきたろうみたいになったわけですが、若い頃は前髪が長いタイプ、といってもゲーオタ風の、あなたどうして目を隠してるの?的な長いべったりした髪ではなく、真ん中わけのさらさらです。当時の中国の寮生活の水配給洗面器洗髪で、ほこりの多いペキンで、これを保つのもなかなか努力が必要だったと思います。世に出る人は必ず努力してる。

www.youtube.com

f:id:stantsiya_iriya:20190520203853j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190521082218j:plain

有料会員になればこういう広告を非表示に出来るのだろうかという。でもこういうのって、ブログをあげた後の画面に出てきて、普通の閲覧画面ではそんなに出ないので、閲覧する人向けでなく、自分という人間をAIはそう判断しているのか、ばかにするな、いつくだと思ってるんだ、でもAIは深奥の自分を知っている存在で正しいのかも、誰かタスケテー、ということなんでしょう。

 保護観察漫画の続き。トラックの集荷場で休憩してたら入出庫の邪魔で危ないし警備員も来るだろう、盗難のおそれもあるし、部外者が容易に立ち入れるのもそれはそれでどうかと思いました。プッシャーの造型はよかったです。だいたいプッシャーが入ると自助グループも壊れるという。あの施設はプッシャーがいるんで手に入っちゃうので行きたくありませんとか、そういう話か。

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

AFCチャンピオンズリーグ2019 グループステージ グループG 第6戦 浦和レッズ vs 北京中赫国安

f:id:stantsiya_iriya:20190522074951j:plain

そういうわけで、やってきましたさいスタ2002。

・浦和高速鉄道、新宿から丸ノ内線四ツ谷乗り換えで南北線からで¥700もとられてびっくりしました。高いんですね。以前来た時はしらふじゃなかったのでまったく気にしてませんでした。今日も帰り、しらふなんですが、夜の十時半にニューデイズが開いてたので、スタグルはケバブ丼大盛激辛¥700しか食べておらず、昼はバナナ四本、で全血400ml献血してるので、パン三個買って食べて、地元に帰ってきたら、日高屋が銃二時閉店前で、終電までまだ間があるしで、大宮担々麺食べてしまい、今も胃がもたれています。

・「翔んで埼玉」の埼玉解放戦線浦和支部長は、いかにもこんな人がサポで、四半世紀のあいだえんえんと雨のスタの通路部分でシート敷いてごろんと難民状態で選手入場までスマホいじるか蛍光灯のあかりから目をそむけてじっと横になっているか、みたいなイメージで、雨のさいスタは、そうしたごろごろサポが三々五々地縛霊のようにすべての柱の陰に蹲っている難民キャンプ状態がふしぎと馴染んでいるのですが、それは浦和の一面でしかなくて、別に三菱の社員さんと言うわけでもないでしょうが、試合開始後陸続とサラリーマンがクールビズで来場してはワイシャツの上からレプユニかぶってタオマフまいてサポに変身して席をどんどん埋めてました。すごいよなあ。25年以上続くというのはこういうことなのかと。働き続けつつ、サスティナブルな応援活動をなす。

f:id:stantsiya_iriya:20190522082252j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082251j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082253j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082254j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082255j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082256j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082257j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082258j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082259j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082300j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082301j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082302j:plain

2010年か2011年の雪の等々力で国安見たことあるのですが、あの頃は、来日中国人観光客がこんなにバンバカ来るとは予想も出来ませんでしたし(ツアー客はいましたが、こんなに自由旅行が来るとは)西川口がNK流から21世紀の新唐人街に変貌することも予測がつきませんでした。レプユニをロハでティーゴンした留学生ではなく、しっかりサポで埋まってるように見えました。背中の"BEIJING"だけ撮りたかった気もしますが、まあ、烦请你让我拍照你的の先の、背中のペキンと言う字を、の部分の中国語が思いつかないのでやめました。あやしいものじゃありません、という中国語は言えると思いますが、えてしてそういう自己紹介をする人はあやしくないですか。でもあちらは有言実行の文化だしな(と悩む)

f:id:stantsiya_iriya:20190522082303j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082304j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082305j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082307j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082306j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082308j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20190522082309j:plain

THIS IS URAWA
f:id:stantsiya_iriya:20190522082310j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082314j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20190522082311j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20190522082312j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082313j:plain

ここには仮に「コンフィデンスマン.jp」の感想予定の記事を置いてたのですが、長澤つながりでほんとに長澤が大活躍してびっくりしました。うんこ物語の人が負傷退場した時は、かなり険悪なムードで、なんだよコイツラ的な雰囲気が蔓延してましたが、よく耐えなはった。
f:id:stantsiya_iriya:20190520202126j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20190520202127j:plain

クニヤスの祭り。いつから中赫がついたのか知りませんでしたが、中文版ウィキペディアによると、2016年末からだそうで、最近なんですね。中国でもアンチの多いクラブと私は認識してて、"酷安"とよく書かれてたと。首都のクラブってことくらいしか恨まれたり妬まれたりする理由は思いつきませんが、かつて國民黨が酷民党とラクガキされてた(漫画の三毛などにもそういうコマがあって、逃亡するビラ貼りからビラを受け渡された三毛は政治犯として入獄する)のと、まったく同じ字の変換だと思います。

f:id:stantsiya_iriya:20190522082500j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082502j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082506j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082507j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082508j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20190522082509j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20190522082512j:plain

10連休は普通に生きてきたので、ここで有休とったのですが(等々力の風呂上港戦も有休で見ました)昼間大雨でしたので、出勤の人たちから恨まれるだろうなと思いました。が、観戦前に寄った床屋(すいててラッキー)では、せっかくのお休みなのに雨で残念ですね、なんて言われてしまい、えっそういう考え方もあるんだ、雨だから骨休み出来て、晴れてたらスギナだ錆だでてんてこまいで、それをしないで遊んでると心理的な負荷もそれなりなんですけど、と思いましたが、理解されがたい想いなので黙ってました。




 

今日の写真予定地

」「

」「」「」「」「

」「

【後報】

f:id:stantsiya_iriya:20190522082459j:plain

準備中 準備中

浦和美園

f:id:stantsiya_iriya:20190522082501j:plain

ようこそ、埼玉スタジアム2002へ! WELCOME 잘 오셨습니다 热烈欢迎 ←臨時(3番線)ホーム 混雑のため入場規制をする

浦和美園

f:id:stantsiya_iriya:20190522082502j:plain

2002

浦和美園

f:id:stantsiya_iriya:20190522082504j:plain

浦和自販機

この先にベトナムサンドの屋台があって、食べてみようかと思いましたが、そのまま通りすぎ、帰りにはもうありませんでした。

f:id:stantsiya_iriya:20190522082503j:plain

仮設実験中

浦和美園

f:id:stantsiya_iriya:20190522082510j:plain

埼玉高速鉄道延伸 請願署名活動

浦和美園

f:id:stantsiya_iriya:20190522082511j:plain

対戦チームのお国料理を食べよう!【中国料理編】 「Jリーグ王に俺はなるっ!!!」

浦和美園

お国料理が食べたければ西川口に行けば、もっとディープなのが食べれると思います。となりまちじゃん。

f:id:stantsiya_iriya:20190522082513j:plain

総ては浦和の為に!!

浦和美園

(2019/5/22)

夜になるまで降りませんでした

f:id:stantsiya_iriya:20190520195838j:plain

人形シリーズ 補遺編 両面鬼とベルマーレカラーのプリウス

おとといの日記に、帰ったら髭剃り手入れするとあったので、昨日掃除しました。最近やっと日記がメモがわりになりつつあります。それを昨日日記に書くの忘れたので、今日書いておこうという。

昨夜はマウスピースが見つからず、なしで寝ました。朝起きて見つけました。今日はいつ雨が降るか分かりませんでしたので、錆でなくスギナをやりました。どのみちやる必要があったので。あめふり山転じて阿夫利山の大山が朝から雲の笠がかかってましたので、予報より早く雨が降りそうだわいと言う人がいましたが、その人の発言も山頂の雲のかかりぐあいも、予報に勝るもののようにはとても見えず、はたして本格的な降りは夜からでした。世の中そんなものかと。明日朝はラジオ体操ないでしょうから、気が楽です。

f:id:stantsiya_iriya:20190520195848j:plain

ゴハン

よい夢を

『ジャイアント・ジャム・サンド』読了

 読んだのは1993年の22刷。『震災に負けない古書ふみくら』で、アリス館の本を語る個所で出てきたので読みました。お子さんのいる家庭に手ぶらで行かない時のみやげものに最適とか(出版界の営業目線で)

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

 

チクチクむらへとんできたハチ…

4ひゃくまんびき……こりゃ、たまらん!

ブンブン、ワンワン、ウォンウォン、チクッ!

そこで、パンやのおじさんが、かんがえたすばらしいハチたいじ。それは、おおきなおおきなジャム・サンド! さて、ハチは?

本書の感想としては、ハチ、蜜蜂🐝なんかは今なかなかに絶滅寸前だと思うので、四百万匹も村に飛来するとは、それはそれでよい時代だったのだと。さらにそれを迎撃する巨大ジャムサンド、マーガリンでなくバターを塗ってからジャムを塗ってますので、大変な手間だと。しかしパンをこねる水は海水汲み上げで、よく分からない。塩水のほうがいいんでしょうか。オーブンは、これを入れられる大きさのオーブンなんかないので、レンガ造りの廃工場(斜陽の大英帝国、英国病の時代?)を再利用して、そこに通常サイズのオーブン50台を設置して、12時間かけて火を入れました。草原でハチ捕獲作戦を開始するのですが、地べたにじかに巨大サンドを置かず、巨大テーブルクロスをしいて、ピクニックっぽくしてから、その上に巨大サンドを置いてます。設置に使用したヘリコプター数機のうち、一台の羽根が真円で、へーと思いました。

The Giant Jam Sandwich (English Edition)

The Giant Jam Sandwich (English Edition)

 

The Giant Jam Sandwich - Wikipedia

作者のウィキペディアには写真がなかったので(存命中だから?)ほかのサイトを載せようとしましたが、なかなか作家の写真になりませんでした。本書の著者紹介によると、作者もパン屋のせがれだそうです。

west.sussexliving.com

このイノシシの下の画像が作者でしたが、こうなって出ない。

https://emmachaplinwrites.files.wordpress.com/2018/06/cropped-castle-snow.jpg

Interview: John Vernon Lordemmachaplinwrites.wordpress.com

これも出ないので、画像URL貼ろうかとも思いましたが、思い直して、その上の作者のおうち?写真を貼ります。

www.theargus.co.uk

ここで出ましたが、ここは許諾のクリックが要るのかな。何かと広告がかしましいサイトです。

http://www.alicekan.com/images/header/logo.png

第24回日本絵本賞大賞受賞のお知らせ - お知らせ - アリス館

前述書のトークでは、アリス館は『冒険者たち』も持っていたが、版権をよそに売ってしまったんだとか。『むくげとモーゼル』の出版社が牧書店からアリス館になった経緯が知りたくて読んだ『ふみくら』から本書に飛びましたが、遠くに来たもんだと思いました。

f:id:stantsiya_iriya:20190520222029j:plain

以上