十分遅れで家を出ます

今朝は、お湯を沸かしてお茶をあげましたが、日記を書くためストレッチは後回しにしました。本末転倒だなあ。ねこは外へ。

はてなブログは、複数の下書きを一括公開出来ないのか気になります。てすと原稿で試してみます。今のところ、チェックボックスを付けると、「チェックした記事を削除しますか?」しか出ないので、これをクリックすると、プルダウンメニューになって「チェックした記事を公開する」も出るのか、あるいはそのまま削除されて、やられた~になるのか、こわくて試してません。

f:id:stantsiya_iriya:20181119204850j:plain

新宿

今日も、明日も、穏やかに、落ち着いて、平和に。静かに。
そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

 

のむコレ2018「プロミス 氷上の女神たち」(原題:《국가대표 2》国家代表2)劇場鑑賞

f:id:stantsiya_iriya:20181119204844j:plain

「のむコレ」酒のむ映画コレクションの意味ではなく、のむらさんというシネマートの人が、世にまだそれほど知れ渡ってない佳品映画を紹介しようという企画だそうです。

今年のリストをちらっと見て、未見ですがオチがどうのこうのと聞いていた「ミスト」が入っていたので、それで色眼鏡で、特に観るつもりもなくいたのですが、今日、月曜割引デーで観れる映画で何かないかとみていて、ふっとこれがあったので見に行きました。結論からいうと「のむコレ」映画はメンズデー割引対象外、但し全作品¥1,300、チケットの半券があれば二回目から千円だか千百円、ということでした。

www.cinemart.co.jp

http://www.cinemart.co.jp/nomu-colle/

昨年のラインナップの、例の中国版ランボー、ジャンラン(Gではなく)と「女は冷たい嘘をつく」が気になりました。今年はジャンラン2やるかというと、入ってませんでした。大人の事情でしょうか。「ディスティニー・イン・ザ・ウォー」が気になりました。

f:id:stantsiya_iriya:20181119204846j:plain

イオンシネマが月曜割引ですので、海老名だと何かな、と検索して、ブライアンシンガーがフレディマーキュリーを描いた映画、本谷有希子原作の過眠症映画「生きてるだけで、愛。」(タイトルロゴが「勝手にふるえてろ。」と同じなのが、ちょっと)「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(う~ん)と迷って、けっきょく新宿まで行って「コッカデピョトゥー」見たです。邦題は、某金融会社と同名なので、損してると思います。

eiga.com

前半はけっこう寝てました。寄せ集めのはぐれもの集団、という設定は、清く正しい韓国映画の伝統、ウェイングダンからの血統を感じさせるのですが、それだけに、パターンかと。でもほかの国の映画でも、ボブスレーのクールラニングとかありましたし、ひとつの王道なんだろうなと。韓国版の予告を貼ろうかと思ったのですが、何故か主人公の脱北者を紹介してないバージョンしか見つかりませんでした。

www.youtube.com

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ko/d/d3/%EA%B5%AD%EA%B0%80%EB%8C%80%ED%91%9C_2_%ED%8F%AC%EC%8A%A4%ED%84%B0.jpgチーム結成の協会側の思惑が、ピョンチャン五輪招致であり、実戦チームでないので、2003年青森アジア大会には出るなという展開になり、直訴直訴で出れるのですが、これが事実か事実でないかは別にして、ピョンチャンでの合同チーム騒動につながってたとしたら、皮肉な話だと思いました。

卓球合同チームの映画もあるそうなので、そっちも見たいと思いましたが、まだ「のむコレ」のラインナップにはないんでしょうかね。よく見てません。

https://ko.wikipedia.org/wiki/%EA%B5%AD%EA%B0%80%EB%8C%80%ED%91%9C_2

www3.nhk.or.jp

以下後報

 

f:id:stantsiya_iriya:20181119204847j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119204848j:plain

 

頭を洗って乾いてきたので寝ます

f:id:stantsiya_iriya:20181119221057j:plain

人形シリーズ 来年の干支は猪。

これまで、いったんフォトライフに写真アップロードして、それをはてなブログの編集画面右で選択してあげてたのですが、今回初めて右の一番上「+写真を投稿」を使って、直接ローカルフォルダからアップロードして上げてみました。こうすると、写真に注記をつけれないことが分かって、またかと思いました。方法や入り口が違うと、何か出来ることも微妙に変わってくる、はてなクオリティ

今朝は雨が降っていなかったのでラジオ体操して、その後こまごましたことを昼前までしました。その後、外出先で降ってきて、いっつもこんなんだなと思いました。朝降ってればまた一日が変わったでしょう。

<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">いよいよ2週間後に迫ったオールナイト上映!13回目となる今回は、中国のドキュメンタリー映画監督ワン・ビンの『鉄西区』全3部作を上映します。ダイレクトシネマの新世界を切り拓いたワン・ビン監督について、スタッフのミ・ナミが作品の見所とともにつぶやきます。<a href="https://t.co/8zor56C4iQ">https://t.co/8zor56C4iQ

早稲田松竹 (@wasedashochiku) <a href="https://twitter.com/wasedashochiku/status/1061950260753268736?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年11月12日</a></blockquote>
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

今日もし朝から雨だったら、都内に早朝出てその後どうしようか検索していた時、早稲田松竹で見逃していた映画、フロリダプロジェクトをやってるのに気づき、結局雨は夕方からでしたので、今日は見に行きませんでしたが、その時ついでに、ワンビンのティエシーチュィというドキュメンタリー映画一挙九時間オールナイト上映やるんだと知りました。

<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">いよいよ来週AN!本作を面白くするのは、地区の労働者や住民たちの存在です。俗っぽい談笑。ティーンエイジャーたちの恋のさや当て。大人同士の小競り合い。そして誰もが口々に語る、未来への憂鬱とささやかな希望―。そんな哀しく滑稽な人間のあり様が、ワン・ビンの透徹した視線で映し出されます。 <a href="https://t.co/pEdFjzXhUR">pic.twitter.com/pEdFjzXhUR</a></p>&mdash; 早稲田松竹 (@wasedashochiku) <a href="https://twitter.com/wasedashochiku/status/1063403023743954944?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年11月16日</a></blockquote>
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

興味がないこともないのですが、1999年から2003年までの記録とのことで、スマホもないナントカペイもない、GDP世界二位もない、うれしはずかしのあの時代で、あの時代日本に来て、そのままずっと日本にいる人が見る分には大いに郷愁をそそられるであろうと思いました。あの頃一万円千元で、滞日組は勝ち組みたいに思ってたが、今から思うと、来日せず本国にいたほうが勝ち組になれたのかもしれない、等々、追憶に沈めそうな感じで。逆に言うと私は、スマホとナントカペイと地下鉄網とGDP世界二位の中国の実感があまりに少ないので、そっちに飢えています。

  鉄西区 - Yamagata International Documentary Film Festival

https://www.yidff.jp/2003/cat015/03c030.html

f:id:stantsiya_iriya:20181119213640j:plain

珠珠(ズゥ・ズゥ)

普通なら、ジュージュと書くべきところを、ズゥズゥと書いている点が素晴らしいと思います。大連ならともかく、ほかの遼寧省大部分が、瀋陽含め、ズーズースースー言ってるのは確実だから。

 

そろそろ寝ます。おやすみなさい。よい夢を

『思川おもいかわ 山谷に生きる女たち』読了

 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000038-I000228492-00

f:id:stantsiya_iriya:20181119204959j:plain
f:id:stantsiya_iriya:20181119205000j:plain
現在明石書店から再版されているようですが、読んだのは筑摩書房のハードカバー。装画 石川昊子

プロローグ、エピローグ、あとがきあり。

 戸田郁子『ソウル・サランヘ』か『ふだん着のソウル案内』のどっちかで、一時帰国中に読んで考えさせられた本として紹介されてた本。

宮下忠子 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E4%B8%8B%E5%BF%A0%E5%AD%90

キョムサンドのデジョン生まれ。昭和十七年五歳で家族ぐるみ早期帰国(未来予知?)高校まで九州相良で育つ。就職結婚、三十七歳で専門学校生として城北福祉センターで研修、その後医療相談員として正式に働く中で、出会って来た女性たちを綴った本。

 頁262に、山谷は売春の終着駅ということばがあるとおりだそうで、作者は郷里熊本で見聞きしていた“ぐうらしか女たち”を思い出しています。吉原に隣接し、赤線地帯消滅、昭和三十八年ごろは、買い物かごをさげた普段着姿、エプロン姿の「一見主婦のような」売春婦たちがたくさんいたとか。

作者が山谷の本を書くのはこれが初めてではないそうですが、政治的社会的な問題が堆積した街なので、書くたびにつかれるような反響があるそうです。社会的は分かりますが、政治的問題というのは、なんだろう。

頁252、モガキ(窃盗集団)

頁71、川崎遊郭の供養碑がある宗三寺。碑文には川崎貸座敷組合と刻まれているとか。

頁137、山谷俳句会発足前に、福祉センターが年二回発行する雑誌「なかま」に投稿される季語のない俳句。軒下に夫とアオカン雨の夜

この本は、賭博や覚醒剤を語りません。後者は一ヶ所だけ出るかな。貧者のドラッグのことばどおり、酒ばっかです。アル中。酔って借家に火をつけてその中に飛び込もうとする(頁201)とか、そんなのばっか。

頁172等、恥ずかしい話ですが、私はこの本で初めて、もしくは忘れていて再度、MAC、マックと呼ばれる施設が、ながく書くと「メリノール・アルコール・センター」であることを知りました。スティージョブズマクドナルドとは無関係であることは知ってましたが、それ以上考えてこなかった。本書はミーティングを「ミィーティング」と書くクセがあります。福祉施設職員として、中間施設を知り、自助グループを知る。

また人と話してみますが、けっこうみんなこの人、もしくはこの本知ってるのかな。そんな気がします。以上

今日撮った写真

f:id:stantsiya_iriya:20181119202113j:plain

トマトのひこばえ

f:id:stantsiya_iriya:20181119202114j:plain

ほおずき

f:id:stantsiya_iriya:20181119202111j:plain

たんぽぽ

f:id:stantsiya_iriya:20181119202112j:plain

つるむらさきの花

この時期までほっといたら花が咲いてまいました。

f:id:stantsiya_iriya:20181119202110j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119202109j:plain

にんじん

f:id:stantsiya_iriya:20181119202108j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119202107j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119202105j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119202106j:plain

うらなりキュウリ四態

 

同じ時期に畑の隅っこにほかしたのに、原形をとどめてないもの、まだ黄色くなってるくらいなもの、さまざまな個体差があるように見えますと。

f:id:stantsiya_iriya:20181119202104j:plain

いもがら作り

ずいきを干すです。ずいきは里芋でなくヤツガシラですよと何度言われても覚えられません。

f:id:stantsiya_iriya:20181119202101j:plain

コンポストと小菊

f:id:stantsiya_iriya:20181119202103j:plain

しおれたこんにゃく

2018-06-08 蒟蒻の芽

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20180608/1528430897

2018-05-04 こんにゃくのつぼみ

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20180504/1525381031

2017-10-05 (左から)へちま、こんにゃく、さといも

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20171005/1507205607

2017-10-06 (左から)へちま、こんにゃく、さといも2

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20171006/1507237539

2017-08-21 野良こんにゃく

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20170821/1503325003

2013-05-21 しおれたこんにゃくの花

https://stantsiya-iriya.hatenablog.com/entry/20130521/1369136277

インポートした記事のはてなダイアリーへのリンクは、すべてはてなブログのそれに自動的に書き換えられると思ってましたが、それが真っ赤なウソであることが分かりました。いろいろ難儀やんな。

f:id:stantsiya_iriya:20181119202100j:plain

柿の実

f:id:stantsiya_iriya:20181119202058j:plain

ゴーヤのひこばえ

f:id:stantsiya_iriya:20181119202059j:plain

ラカン

f:id:stantsiya_iriya:20181119200928j:plain

孤愁。

座間 いいちこ

f:id:stantsiya_iriya:20181119200926j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119200927j:plain

一生忘れられない夏に、きっとなる。青春×東京2020 TOKYO 2020 都市ボランティア

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200925j:plain

新宿三丁目要通りふれあいまつり2018

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200924j:plain

REINDEER“冒険心”未来へ残したい10のこと

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200923j:plain

NADAI FUJISOBA 茹でたて生そば

f:id:stantsiya_iriya:20181119200919j:plain

ヌーヴォーパーティー#ボジョパ🍷Beaujolais Nouveau 2018年解禁

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200918j:plain

JOJO×animate

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200917j:plain

MOA 4th St. モア 4番街

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200916j:plain

モア 中央通り 食堂横丁

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200915j:plain

TOILETS

新宿

f:id:stantsiya_iriya:20181119200914j:plain

プレジャーフォレスト 気分も上がる。虹のリストでうっとり。輝きの大パノラマ。関東最大級600万球 さがみ湖イルミリオン―関東三大イルミネーション認定―

小田急

f:id:stantsiya_iriya:20181119200913j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181119200912j:plain

貝印 BLACK FRIDAY Kai group

 

町田と川崎市民ミュージアムとはてなブログと

f:id:stantsiya_iriya:20181118192503j:plain

人形シリーズ というか弁財天なので、かみさま

明日は雨と考えていたので、その方向でやることを固めていたのですが、現時点での天気予報では、あまり降らん感じで… さて、どうしますか。

 

FC町田ゼルビアは、勝てば優勝でしたが、それは結果論で、大分がまず先制して、町田は逆に先に失点しての展開でしたから(松本はゼロゼロ)こういう結果になったことも運命だったと思います。切り拓いたほうの運命。試合後いっせいに各社ニョキニョキと記事を刷り出したのを見て、なにを今さら感が出たのは確かでした。

で、このあたりで、地球のすべてぜんぶに係るツキが落ちた気がして、悪い予感がするなーと思ったら、今まで競争率倍率が上がったらイヤなので日記でもどこでも触れてなかった下記が、その甲斐もなく希望者多数の場合は抽選のその抽選に落ちて観覧不可能になったことが分かりました。

www.kawasaki-museum.jp

開催元からのメール 2018年11月18日 10:17

(前略)にご応募いただきましてありがとうございました。

お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

ご希望に添えず恐縮ではございますが、ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。

またの機会のご参加を心よりお待ちしております。

 がっかりしていたら、夜、もう一通メールが来ました。さては!

開催元からのメール 2018年11月18日 17:36

(前略)にご応募いただきましてありがとうございました。

お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

システムに不具合があり、メールがお送りできなかった可能性があるため、再度お送りさせていただきます。

既にメールを受け取っていただいている方には重複となり申し訳ございません。

ご希望に添えず恐縮ではございますが、ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。

またの機会のご参加を心よりお待ちしております。

 いやーがっかりしました。せっかく仕事のない日だったのに。定員270名で何人応募したんだろう。ビッグコミックで毎号告知してたのが大きい。定員や応募詳細を市民ミュージアムに丸投げして。

がっかりした、と知りあいに伝えたら、さいきんモロ☆関連で、出版費用をつのるクラウドファンディングがあるよ、という情報を教えてもらいました。

www.makuake.com

あと72日で現状38%って達成出来るかしりませんが、このタイミングで拡散されるとしたら、燎原のほむらのごとく広まるかもしれません。トークイベントに落ちた人たちが心のなぐさめで応募して。私のように。しかし、「黒石島殺人事件」を自選に入れるというのは、なぜだろう。どこに思い入れがあるんだろう。

 

トークイベントに当たっていたらのその前日は人間ドックです。インスタントラーメンの夜食など(午前二時四十分まで起きてる時につい食べてしまう)を断とうと思います。あと一キロくらい体重落ちへんかな。今夜から走ろうかと思いつつ、秋の収穫祭というか、宅配鮨のおすそ分けを頂いたので、走るのおっくうです。

 

宅配寿司は毎回アンケートを書いてけさいとつけてくるのですが、今回はさらに、クリアファイルを添付してくれて、そのクリアファイルは、一年間の旗日明記のカレンダーになっていて、さらに毎月このひと品がお得クーポンが12ヶ月分ついてました。よくやるなー。昔も寿司屋の出前の寿司があったわけですが、それが手巻き寿司の時代などを経て、宅配寿司にかわって、これとカラアゲがあればそれでいい時代なのかと。今日は唐揚げ添えませんでしたが。注文時、アジの握りがないの、と不満だった人がいるので、それがアンケートに書かれるか注目します。 こはだならあったんじゃない、と私は思うのですが、関わりません。

 

ボヘミアンラプソディーの監督がブライアン・シンガーと訊いて、さもありなんと納得しました。

 

駅の改札入場時に、きっぷを取り忘れたのですが、「きっぷをお確かめください」のアナウンスがあって、ふと振り返るともう切符はなくて、駅員に話すと、スタッカートの先の収納棚を開けて取り出してくれました。取り忘れると落ちちゃうんですね。駅員さんは、落ちてた券が私の取り忘れかどうか、行き先とかいろいろ私に確認して来るんですが、しゃがんで券を見ながらしゃべっている駅員さんの背越しに、私からも券が丸見えでしたので、たとえ私の取り忘れの券でなくても、100%正しく答えられる自信はありました。一枚しかスタッカートに落ちてなくて残念閔子騫  。千代田線からJR乗換で北海道まで行くような券が落ちてればよかったのに。

f:id:stantsiya_iriya:20181118192228j:plain

f:id:stantsiya_iriya:20181118192229j:plain

はてなブログ、タイトル見出しが真ん中寄せなのですが、左寄せに出来ないものかと。あるいは、真ん中分けなら、任意の個所で改行出来ないかと。なんかこういうあてずっぽうな改行で真ん中寄せやられると、仕事が粗い感じで気がかりです。

あと、はてなダイアリーのリダイレクト機能だけ止められないかと打診しています。一日百以上記事を書いた日の百以上の記事を、はてなブログでは適度に分散して掲載し直したいのですが、今のままだと難しい気がします。またインポート削除してやりなおさなならんのかな~

 

おやすみなさい。よい夢を。

『夏目さんちの黒いネコ やむをえず早起き2』読了

stantsiya-iriya.hatenablog.com

夏目さんちの黒いネコ: やむを得ず早起き 2
 

    カバー写真…………岩合光昭(前巻は潮田登久子)猫といえばイワゴウ。

タイトルレタリング…………岡澤慶秀(ヨコカク)(前巻と同じ)
  ブックデザイン…………日下潤一+浅妻健司+赤波江春奈(前巻と同じ)

あとがきあり。三部構成で、第一部はたばこプカプカプカの歌詞、第二部は梅棹忠夫、第三部は漱石のことばがトップページに置かれています。初出は週ポス2012年夏から翌年夏まで。

 

頁026、作者は幼少時、自分はもらわれっこで、本当の母は下関に住んでいるという架空の設定にすがって生きてきたそうです。青木正兒先生が、自身の生まれである下関を、三方を海に囲まれた中国の最西端と書いていたのを思い出します。

頁052、韓国は李王家を存続させて議院内閣制を敷くべきだった、大統領制ではなく、という一理ある論。イグンさんは子孫を残さへんかったあたりの細かいホントの事情は、おそらくこれからも出てくることはないもやもやの先、霧の彼方だと思います。韓国からしたら、それを日本が言うな、的な話かもしれません。でも、仮にも一国の王族ですから、イグンさんがチョンガーだかなんかでお亡くなりにならはっても、傍系子孫は、今でもようさんいたはると思います。そういう人でよければそうしはったらええですやん、と思います。

頁055、伊藤比呂美『読み解き「般若心教」』を二度熟読してそのたびに感動した、とあるので読んでみようと思います。検索したら朝日新聞出版でしたが、そこまで書く必要はなかったのだと。

読み解き「般若心経」 (朝日文庫)

読み解き「般若心経」 (朝日文庫)

 

頁186、北朝鮮のアナウンサーのあのべしゃりは、戦前日本の新劇が、翻訳劇をやるさい、外人の喋り方はこうなんじゃいかということで大仰に抑揚なんかをつけて喋ってたのを、半島から来た役者や裏方が学んで持ち帰り、ああいうふうにガラパゴス進化を遂げたとする説を書いてますが、作者にそれを伝えたのは平田オリザだとか。作者は人との付き合い方で、肩ひじ張らず、レッテルで付き合い方を変えていず、いいです。

 頁074、チャイニーズ空母遼寧簡体字で書くと辽宁の話で、第七世代の完全無人戦闘機・爆撃機が運用の主力となると、有人飛行機を飛ばす空母は無用の長物と化す、とあり、でもその後で、これはアメリカの話なので、日本にとってはずっと脅威であり続けるですよ、と書いてます。その後はsengoku38動画とか北京五輪開幕式口パクとか少数民族の衣裳着て踊ってたのが全部ジョンボー漢族とか埋めたシンガンシェン鉄道車体とかの話になります。富坂聰宮崎正弘でなく関川夏央が書くことで、いや増すのは野次馬感。

頁080、日本の地図帳とかが、中華人民共和国の地名を、ピンインでもその英語風読みでもないヘンな読みであることを紹介して一回分原稿アガリ成都をチョンツーとか、確かにそうです。その作者が高雄のピンインをGaoxiongでなくKaoxiongと書いているのは、なんかの間違い。

頁092、大量の蔵書が崩れて下敷きになって死んだと思ったらそうではなく心不全だったという草森紳一の話で、彼が独身でなく妻子がいてて、筆者は驚いたとあります。妻子がいつつ、本を置くためだけの別宅で死ぬとか、不思議だと。

頁201

 バブル経済の発端は八五年九月、ニューヨークで円高高騰を申し合わせたプラザ合意だった。その結果、八五年八月に一ドル二百四十円だったものが、年末には百八十円になった。七一年までの固定レート時代を考えれば、円の価値は二倍である。過剰に流動的になった資金は土地と株に注ぎこまれ、どちらもぐんぐん上がった。六本木の青空駐車場が月十四万円だった記憶がある。

 これは私もそう認識しています。バブルは'90年代前半みたいに言う人って、ヘンだと思う。

頁110、宗谷とかタロとジロとかペンギンの話。1955年第二回南極会議で日本は翌々年から予定されていた国際地球観測年事業への参加を強く希望し豪州と英国が反対したが、最終日に米ソが賛同してやっと多数決で可決したとあります。ここで、参加を主張して単身会議開催地ブリュッセルに乗りこんだのが、東大教授永田武ひとりというのがカッコイイと思いました。政治家でなく、行動する愛国学者ってのはドラマになるんじゃ。

頁146、ちい散歩とじゅん散歩のあいだに、加山雄三の「ゆうゆう散歩」があったとは知りませんでした。というか、ちい散歩も一度も見た覚えがないです。クランプのちょびっつという漫画と何か関連がありますと言われたら信じるレベル(レイヤー)

www.tv-asahi.co.jp

Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E5%A4%A7%E5%B0%86%E3%81%AE%E3%82%86%E3%81%86%E3%82%86%E3%81%86%E6%95%A3%E6%AD%A9

まだテレ朝公式に番組サイトが残ってるのが素晴らしいです。関川夏央に言わせると、散歩番組なのにすぐタクシーに乗りたがるとか、飲食店の主人が試食を勧めるとたいてい嫌がるとか、こうやって読むと型破りですげーと思いました。

じゅん散歩は、その時間休憩の時とか、あさイチ献血する時は必ず見ています。でもなーんにも覚えてない。だからいいのかな。

頁178、ひふみんの記事ですが、まだブレイク前だったのか、作者はひふみんと呼んでません。

頁216韓国整形の話。とっぽいの語源がハングルの「トッポイダ」(目立つ)だったとは知りませんでした。

Yahoo!知恵袋 2004/10/2518:47:31

「とっぽい」ってどういう意味ですか?褒め言…

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131228248

同じコラムで、「孝経」に「身体髪膚、これを父母に享く。あえて毀傷せざるは考の始めなり」とあるのに整形に抵抗感がないというのは、韓国がもはや儒教国でなくなった証左ちゃうんとしています。安重根伊藤博文暗殺の誓いを立てる際左手の小指を嚙み切ったのも同次元の話で、儒教的にダメじゃん、みたいな。

頁229、AKB48を、そのまま書かずメタファーで「アイドル予備軍斉唱隊」としてますが、そんなふうに書かなくてもよいのにと思いました。

以上