『亡き人』මළගිය ඇත්තෝ ෴ මළවුන්ගේ අවුරුදු දා "Maḷagiya Attō" and "Maḷavungē Avurudu Dā" E・サラッチャンドラ 著 එදිරිවීර සරච්චන්ද්‍ E.Sarachchandra 野口忠司 訳 නොගුචි ටඩාෂි Noguchi Tadashi 読了

1950年代、世田谷区奥沢から三茶にかけてを舞台に、ロンドン帰りのスリランカ人画家デウェンドラサン දෙවොන්දරා  සන්(38歳でしたか)と、近くのバー勤めの女性典子サン නොරිකෝ  සන්(21歳だったか23歳だったか)のふたりの、恋と別れの物語です。スリランカでは記録的なベストセラーを記録したそうで、アジアの大半の地域は80年代に日本製ドラマ「おしん」で初めて戦後邦人女性像に接したわけですが、ひとりスリランカは、1950年代すでにノリコサンに接していたという。

おどんま 盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃ 居らんど 盆が早よ來りゃ 早よ戻る

亡き人 | NDLサーチ | 国立国会図書館

(1)

いやこれは大変におもしろかったです。訳者の野口サンは1964年、二十歳の時にセイロンに渡航してシンハラ語を学び始めた人ですが、1966年本書に出会い、現地の親友(のちに癌で三十代で逝去)の勧めもあって半年かけて邦訳するも、出版先がなく、1969年自費出版したんだとか。その後、ビルマのマウンターヤサンを日本に紹介するのにも一役買ったあのトヨタ財団「隣人をよく知ろう」プロジェクトの選考委員龍谷大学経済学部教授中村尚司サンから声がかかり、1993年に『亡き人 マラギヤアットー』続編『お命日 マラウンゲ・アウルドゥダ』を一冊にまとめて当該財団助成により南雲堂から出版、それが本書。いやー分かるんですけど、ここでも南雲堂カー。南雲堂はもうこういう事業をしてないみたいなので、日系米国人作家ヒサヱ・ヤマモトサンの作品集同様、現在新刊で手に入らない状態でFAとなっています。さいわい本書は、ヒサヱ・ヤマモトサンの作品集よりは図書館蔵書があるので、他館本リクエストで借りました。町田市立図書館に蔵書があるのは分かっているのに、都県の壁で、町田からは取り寄せられず、県内の敷居の高そうな図書館から本がきました。

(2)

ウィクラマシンハ『ガンペラリヤ(変わりゆく村)』大同生命国際文化基金ハリー・ポッターみたい、教科書に載ってて誰でも知ってるから、と評したスリランカ人の人に本書を読んでると話しても「( ´_ゝ`)フーン」でしたが、ただ、入手可否だけ逆に私に聞いてきました。新刊品切れ再版未定、セカンドハンドは安いのがない、ライブラリーに行くしかない。で、コンビニバイトのスリランカ人のチャンネーに「サラッチャンドラという人の日本を舞台にした小説を読んでるんですが」と言うと、顔をぱあっと明るくさせて、「典子さん!!!私も読みました!!」と来たもんで、1959年発表の小説を21世紀の若者が読んでいるとは、これは本物ではないかと改めて思いました。来日組だから読んだのかもしれませんが、それにしたって、実にいい本を読まれたと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

フランゴとガリーニャのちがい、ポヨとガジーナのちがい【ラマダン開始まであと七日】

人形シリーズ

さがみ野

今朝は、トイレ一回。ねこは中。蛍光灯の下で、まぶしいのか頭に手を当てて寝ています。お湯を沸かして、お茶をあげて、ストレッチして。

もう一度トイレに行きましたが、まだ早かったのか、おならだけ。

ゆうべは、台所で赤坂泰彦時東ぁみのテレビマンジャック?を聴きながら里芋の皮を包丁で剥いていました。煮物にします。赤坂泰彦も、ラジオのこの番組は聞くが、画像は、先年群馬県太田に行った時、ビリヤード場にこの人の出演した小学館のまんが原作ビリヤードドラマのポスターで見たきりです。時東ぁみという人はさらに分からず、まだ地底にアイドルがいなくて、地上にしかいなかった時代に眼鏡っ子という希少価値もしくは変化球で勝負していた人という認識で、眼鏡したまま海外リゾート地で水着撮影などしても選択の幅がアレだったろうことは想像に難くなく、今はラジオのこの番組で聴くので、逆に昔より声を聞く機会が増えた人です。森口博子みたいなバラドルというジャンルなのか、クロちゃんみたいに司会業などで稼いでる人なのか、詳細は知りません。

で、スウェーデン皇太子と結婚したドイツ人女性の悲哀と勇気、彼女にチカラを与えた宮中晩餐会でのABBA演奏のエピソードには、泣いてしまいました。私もダンシングクイーンには、ある尊敬する女性の思い出(悲恋)があるので。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

私にはもう一曲、「五番街のマリー」にある女性の思い出があり、好きだった女性が好きだった男性にもう一度振り向いてほしくて泣きながら熱唱するという、非常にイヤな思い出です。けっきょくふたりはヨリを戻したらしいですが、男性は(最近は知りませんが)ずっと独身だよと十年くらい前にも訊いていたりしたので、この女性がどうなったかは知りません。いくらゴムつけてと懇願してもだいじょうぶだいじょうぶといつも避妊は外出しだったとか、余計な情報ばっかり聞いて、ほんと自分も汚れた気がする(勝手な言い分)(それと私の人生の良くない点は無関係なので、転嫁してはいけない)

www.youtube.com

それはそれとして、ラジオマンジャックでかかっていたこの歌のタイトルはどういうことでしょう。コールドプライ、ヒドイや。自分を超えた大いなる力。

www.youtube.com

コロナカでコールドプライ気がちがったという説もあるようですが、リリースしたばかりの2021年7月のライブ観ると、観客マスクしてません。"I GOT MY HANDS UP SHAKING, JUST TO LET YOU KNOW NOW. " 手が震えてるのか。

COXINHA DE FRANGO(チキンコロッケ)
RISOLIS DE CARNE(牛肉コロッケ)

西洋梨みたいのがコシーニャ。ここで、最初メニュー見ずに指さし注文した後、店員さんに名前を訊いた時、「ヒソーリス」と言われたのが印象に残っていて、それで、ああ、"r"がハ行になるんだっけと再認識して。

今思ったんですが、鶏肉も「フランゴ」でなく「フハンゴ」なのかな。

コシーニャ拡大。鶏肉はこんな感じ。シーチキンみたいです。

牛肉。赤いのはピメンタ。とうがらしのお酢。沖縄のコーレーグース?的な。

Milanesa de frango
鳥かつ
Breaded chicken

今まで頼んだことないかったのですが、ブラジルでも鳥カツはスプレマでなくミラネサなんだなと気づいたので、頼んでみました。したっけ、鶏が"pollo"や"gallina"(ポルトガル語では"galinha")でなく"frango"だった。

ゴハンにフェイジョンとファロッファをかけて。

ミラネサにもとうがらしをかけて。いつも私は牛カツを頼んでいるので(この店にトンカツはない)鶏でいいのか、わざわざ訊きに来てくれました。

つけあわせ①ミックスベジタブル

つけあわせ②パスタとキャベツのマリネ

ペルー料理店では、胸肉はスプレマ、もも肉はミラネサと呼んで区別してるとのことでした。ポヨとガジーナの違いは、在来種がどうのと言ってましたが、どうなんだろう。ミラネサデガリーニャとは言わないのと訊いたら、言わないとのことで、フランゴとガリーニャのちがいは、「タマゴを生まない」とのことで、どっちだったか忘れましたが、おんどり、めんどりのちがいのようでした。でもほかの人にも聞いてみたい。

さて。

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

『環と周』"Tamaki and Amane" by YOSHINAGA Fumi よしながふみ(マーガレットコミックス)ココハナ "MARGARET COMICS" 読了

これもその辺にあったマンガ。言わずと知れた天下の赤面疱瘡、冨永愛暴れん坊将軍、シロさんなにこれおいしい、ただし私は内野聖陽滝藤賢一の区別がついてませんでした、の人の、

『大奥』『きのう何食べた?』以来――よしながふみ16年ぶりの最新作!!!連載時から大きな感動を呼んだ新たなる名作。描き下ろしエピローグ収録! どこにいても何度でもあなたを好きになる。

イラスト/よしながふみ デザイン/川谷康久 ■ココハナ・2023年1月号、3月号、5月号、7月号、9月号掲載。■エピローグは描き下ろし。 集英社も編集者名を奥付に書きません。著者はB型(検索調べ)

カバー折 著者コメント

いろいろな時代の環と周の話です。

家族、恋、友情…… さまざまな関係性で綴られる〝好きのかたち〟。 ——現代編 中学生の一人娘が同級生の女の子とキスをしているのを目撃して動揺する妻。実は夫にも、かつて同級生の男の子を好きになったことがあった。 ——明治時代編 大切な〝お友達〟になった女学生の環と周。周の縁談が決まり二人は離れ離れに....... ——70年代編 病気で余命わずかと知った環は、同じアパートに住む少年と出会い交流が始まる。 ——戦後編 復員兵の周は元上官の環と再会し、闇市で一緒に店を始めるが、環には秘密があった。 ——江戸時代編 周の夫を斬った相手は、幼馴染みの環だった。仇討ちのため再会したことから、二人の運命が変わり始める。

『アイドル』なのか?天才的なアイドルさまをよしながふみが描いたのか? と思いましたが、ナゾです。輪廻転生の話なのかそうでないのかは不明。

あなたに出会えてよかった。 西園寺さん!! 僕も娘と同じ中学3年の時に男の子を好きだった事があるからです。 プリン好き!! よーし 今日からこの店は純正カストリ酒場で純喫茶だ!!

帯裏 輪廻転生の話なのかそうでないのかは不明(棒

環というと、小沢真珠、否、小川環樹サンを連想します。貝塚茂樹湯川秀樹と、姓はちがえどそれぞれ名を成したご兄弟たち。ので、『環と茂と秀』というタイトルでもよかったのかも。すぐ元ネタを見破られて、オタク読者にドヤ顔されそうですが。

小川環樹 - Wikipedia

周で思いつくのは西周サンだけで、東周英雄伝に対する孔子の理想の世界としか。

西周 (啓蒙家) - Wikipedia

komachi.yomiuri.co.jp

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Anthology of Short Stories Exploring the Many Facets of Love Through Family, Romance, and Friendship.

中表紙。カバーを取った表紙にも同じ文句があります。これが英題かと思いましたが、単なる説明ですね。

最初の話は、とにかく理路整然とした長せりふ(特に母親)に圧倒されました。あと、娘の名前が『セクシー田中さん』のクラハシサンと同じです。

次の話は、大正時代?の駆け足のフォームのふしぎさと、洋食屋のおかみの服装がちょっとフォーマルすぎやしませんか、という点と、彼我の幸福のネガポジ反転の残酷さと、最後のコマ、えっ、これで落とすの、という点が印象的でした。腕の立つ職人を娘婿に迎え入れると、ほかにレコを作るのはよくある話なので、コレラがなくてもという気はします。

その次の話がいちばん輪廻というか、ヘタをすると「涅槃で待ってる」で、児童の病気の原因が書かれないのがなんとも。

その次の話は、頁146、きたきりの軍服姿のはずが、いきなりワイシャツチョッキの一張羅になる(あわせてヒゲも剃る)転身に笑いました。

さいごの話は、さげまんの女が過剰にそれを気に病んで、という。ちがうかな。蕗の煮物はおいしいですよね。わたしはきゃらぶきのほうが記憶に残る味ですが。

はさまってる広告のまんがは、アシガール続編、『誰か夢だと言ってくれ』『初×婚』『グッドモーニング・キス』『腐っても、初恋。』『ピンクとハバネロ』『二度目の恋は、早水くんと』『マリリンは、いなくなった』『月のお気に召すまま』『太陽よりも眩しい星』『アオハル荘へようこそ』小学館に比べて、集英社ってなんて健全なんだと一瞬思いますが、ヤングYOUの漫画は入ってないので、まあそうかなと。

以上

里芋とタロイモが同じものなら、海老芋や八つ頭は【ラマダン開始まであと八日】

人形シリーズ 本厚木編

今朝は、六時十五分にトイレに行って、六時半にラジオ体操に行きました。間に合った。昨日は六時半に雨がやんだので、数人参加してラジオ体操したそうで、すごいと思いました。その後またトイレに行きました。都合三回。平熱。

書店跡地には近所の回転すしが移転してきて、回転すし跡地はまだどうなるか不明です。

帰宅して、今日は早めにストレッチして、朝食をとりました。しかし今日は寒かったせいもあって、やろうと思っていたことをせず、弁当の支度とか、台所仕事といった、おさんどんをしました。野良仕事とおさんどん、両方出来るのがかつての農村女性で、娘に同じ思いをさせたくないので、それが農家の娘が農家に嫁がなくなった一因とよく言われますが、確かに両立はたいへんです。なんしか、思考法というか、やることのジャンルがまるでちがうので。ねこは寒いので、午前中なかにいました。

ほうれん草の大半がロクに育たないので、なんでやと頭を抱えていましたが、サラダ用の生食可のほうれん草の種だったので、ミニサイズにしか育たないと分かりました。そんなに外見が異なるとは。

ほんとは種まきしようと思ってましたし、追肥しようとも思ってましたが、雑草を抜いてからでないと追肥してもあれなので、草むしりはしました。あと、寒冷紗を外したり、すでに外したところの重しの石ころや金んぼうを拾い集めたりしました。

先日、里芋をあげた人から、やわらかくておいしかったと礼を言われ、土のなかに活けてからだいぶ時間がたってるので、どうなんだとひとり悩みましたが、うっとこで栽培してる里芋は、毎年タネイモを前のから採ってる、品種名などさっぱり分からない在来種なので、市販品と異なるやわらかみが特徴と別の人から言われ、そうか、そうなのかと少し考えました。里芋はジャガイモやサツマイモとちがって鼠にはやられませんが、掘った後長い時間をかけて毛をむしった後は、売れるような形のいいものを選別すると、半分以上自家消費もしくは規格外野菜寄付みたいなことになるので、らいねんどうしようかと思っていたです。サトイモなんて、業スーであらかじめ皮を剥いた冷凍品(ギャル曽根オヌヌメ品)買えばそれでいいじゃん、時短になるしと思う自分もしいるし。しかし、在来種で作らなければ絶えてしまうのなら(そして食べた人に好評なら)今年も作ろうかと思います。うまく作れるかは別として。

ラマダン中は日の出から日没まで一切の飲み食いが出来ないので、トライアルラマダンをするなら、なるべく夜が長い時期、西暦の冬至前後にラマダンが行われる年にしたほうが負担が少ないと思いました。あと数年待った方がよいのかという。

www.youtube.com

ピーター・バラカンサンのモーニングサンシャインの二月最終週でかかってた曲。昨日はファンキーフライデーをかなり聴きました。二位が変わらないのに、一位は先週が解散予定のスマイルアップ(旧ジャニーズ)今週が坂道のどれか。ゴンチチの先週は録音再放送でしたので聴かないつもりでしたが、けっきょく聴きました。が、残ってません。今日はそれでまたピーター・バラカンサンやゴンチチを聴きましたが、外してた時間も多く、あまり残ってません。明日はディスカバービーローズ。

明日あげる読書感想を書いて、寝ます。

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

『ワカコ酒 22 』"Wakako zake" (Ms. Wakako Drink) vol.22 Shinkyu Chie Presents(ゼノンコミックス)ZENON COMICS COAMIX 読了

これもその辺にあったマンガ。作者はA型。ドラマはBSテレ東。昨年シーズン7をやって、もう配信は終了したそうですが、この年末年始には一挙放送したとか。

www.youtube.com

video.tv-tokyo.co.jp

デザイン AFTERGLOW 初出「月刊コミックゼノン」2023年10月~2024年3月号と、ウェブ「ゼノン編集部」2023年8月~2024年2月更新分 ゼノンも、編集者名等を奥付に入れません。

おまけの一枚ペラの紙エッセーが挟んであります。後発のゼノンなので、売るために手を抜けないポイントかと。そこに書いてあるのは、季節感を大切にしているので、取材した旬のネタを翌年回しにすることも少なくないという話。それによってストックが出来てラクかというと、時の流れの速さはバカに出来ないんだとか。

で、今回はそれが岩ガキの話で、カバー折の著者近況で、地元ヒロシマネタをやると反響がものっそいという話につながります。

カバー(部分)"Wakako Zake"でなく"Wakako zake"なんですね。日本酒、清酒を"sake"と呼ぶことは米国では戦前からよく知られており、禁酒法日系人排斥がセットになっていたのではないかと当時の酒害広告などを見て思う時があります(日本人がアメリカの国力を弱めるために、悪酔いしやすいサケを米国で広めている)そのせいで、"sake"と書いて「セイク」と読まず、正しく「サケ」と読む白人は多いです。黒人は知らない。しかし彼らも、日本語の濁音化現象には詳しくないだろうので、"Wakako zake"の"zake"が、"sake"の単語連続に伴う語頭濁音化とは、お釈迦様でも気づくめえという。

そして、ワカコはぷしゅーっ、ふなっしーは梨汁ぷっしゃーっ*1

また、表紙のここに載ってる料理は徳島名物「イリカス」だそうで、頁13に出ます。「かす」といえばもうすっかりオオサカのソウルフードとしてイメージロンダリングが済んでいるという認識ですので、下記の本で最初に知った時のことを、時折懐かしく思い出します。著者も広島県人なので、知っているに2ペリカ

イリカスの臭みについて徳島の精肉店にて、豚のイリカス、を購入しました。 - ... - Yahoo!知恵袋

冬こそ、憩いの時間と場所が要いる。今晩くらい、自分を甘やかしたっていい。ぷ…… しゅーー もつ鍋、鶏大根、鮭のそぼろグラタン。寒さを味方に楽しむ品々、目白押し♪ 累計320万部突破!!

帯 そういうわけで、前半戦はとにかく飲食店の場面ばかりで、仕事や職場の光景は一切ありません。ネタをはやくマンガに落とし込まねばという強迫観念でもあるのかと思った。

ゼノンコミックスは広告が挟まっていて、『前田慶次かぶき旅』(作画は原哲夫ではなく)『CITY HUNTER 今日からシティーハンター』(作画は北条司ではなく)ゼノン版の北斗の拳復刻、スピノフというかパロディ『北斗の拳世紀末ドラマ撮影伝』新久千映『ミカコ72歳』などの広告が載っています。ほかに広告が載ってるマンガは『オタクに優しいギャルはいない!?』『喫茶店にギャルがいる』『フィルター越しのカノジョ』(コスプレイヤーとの撮影会もののようです)『猫と紳士のティールーム』『少年サイコ』『3分用心棒ヨコちゃん』『君は武道館に立てない』(枕営業もの)『ノブナガバース』(信長が巨乳)『魔法と僕とでっかい師匠』(異世界巨乳もの?)

昨年秋にしょん横に行った時も驚きましたが、コロナカの補助で従業員のカラーがだいぶ変わったというか、邦人青年がユニホーム着て、小憎らしいイキのいいセンスある接客をする店が増えた気がします。本作の舞台は中央線沿線青春群像なので、さらになのでしょうか。頁19の焼き蛤の、貝のチョウツウガイをぺきっと折る場面などそうですね。頁77の「特別裏メニュー①シェラスコ」も、そう。

特別裏メニュー②は後輩青年のバーデビュー、スナックデビューの話なので、裏メニュー納得ですが、シェラスコはなんで裏メニューなのか分かりませんでした。だいたいその辺にそんなシェラスコあるのかと検索したら、私の棲息圏でも、海老名のビナウォークにあった。ブラジル色は薄いようでしたが、イチボや肩肉、リングイッサが食えることに変わりはなさそう。食べ放題のみの店なので、一人で入店出来るかは、ウェブを見た範囲では分かりませんでした。

頁69のラフテーをマレーシアのラクサと見間違えました。頁29にイサーンのサイクロークでなくチェンマイのサイウアを載せてたからか。この辺のネタになると、ラオスの醗酵ソーセージ、ソーンムーともち米を混ぜたネームクックという料理を思い出します。今はなきラオス料理店でよく食べました。現地で食べると、完全発酵してない半発酵の店があるのでヤバいと聞いてから、日本でちゃんと発酵させた店で食べまくっていた。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/stantsiya_iriya/20220409/20220409202554.jpg

2022年4月。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/stantsiya_iriya/20210729/20210729223656.jpg

2021年7月。テイクアウト。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/stantsiya_iriya/20210616/20210616054539.jpg

2021年6月。これもテイクアウト。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/stantsiya_iriya/20210118/20210118060213.jpg

2021年1月。

後半は職場の場面も出て、新人伊藤さんが、ソバーキュリアスというほどオオゲサではないと謙遜しつつも、「飲めない」のでなく「飲まない」人であるという設定が明かされ、ワカコの興味を引きつつ、次巻へ続きます。ガーリックシュリンプは殻迄食べたのか、そこも気になりました。

頁97、食用のひょうたんの漬物はカワイイと思いました。こんなにちいさいとは。

そして、下が帯裏。個人店の閉店。頁37「もーふたりとも疲れちゃって」「畳んでゆっくりしようかと」如何にも中央線沿線青春群像。

同時発売!!長い老後、どうせなら楽しめたほうがいい♪[ミカコ72歳]③ お店との出会いもあれば別れもある。ごちそうさまでした 村崎さんありがとうな 来てくれて \ありがとー/ 思い出に残っていくのが人生だ。

この店、黒板のお品書きに「へしこ」があるんですよ。今、東京は、へしこがそんなポピュラーなんでしょうか。福井のへしこは京都のスーパーではよく見かけるのですが、京都人はロクに食べ方を知らず(大阪人も同様)関西の下積み力に思いを馳せたものです。個人的には、北九州タンカ市場の「いわしの糠漬け」と食べ比べしてみたかった。もうすでにテレビやユーチューバーがやってるとは思いますが。以上

ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン・ジウベルトとは誰も呼ばず【ラマダン開始まであと九日?】

人形シリーズ 伊勢原

今朝、六時に起きたら雨でしたので、ラジオでラジオ体操しました。六時二十分には雨上がったかもしれません。でももう家でやると決めたので、迷わず家で。

その後自由が丘に行こうと思いつつ家であれこれやってるうちに気温がぐんぐん上がって、こりゃいいやで布団干しました。干したら午後一時半くらいには取り込んだほうがいいので、出かけずに家でゴミを整理したりDVDを本棚に並べたり。あげく窓拭きまでしました。あったかかったので、あれこれやりやすかった。ペシャワール会ほかのNPOやらファンクラブやら(忘年会絡み)用事やらの紙類が数年分たまりまくっていたので、分類して整理しました。

www.youtube.com

上は、ワールドロックナウ二月最終週でかかってた曲。眠いので、後は明日朝追記します。

どうも靴下を穿く時、椅子に座ってでないと穿きにくいので、姿見の化粧台の椅子を出しました。でも座高が低いので座りにくい。むかしの人用。車検と名義変更に出す軽トラの荷台から肥料袋や草削り、円匙をおろしました。

夜はまた雨。

室内作業でしたのでファンキー・フライデーを聴きながらやりましたが、とにかく午前中はブツブツ通信が切れて困りました。雨があがって晴れて、急に気温が上がる時間帯に、はれっ? 今聞こえなくなった、て感じで、通信が切れる。都度モデムを挿抜したり、パソウコンを再起動したり。そうするとしばらくは持つのですが、まただめで。しかし午後には安定し、三時過ぎには食事をしてないかったので出かけましたが、帰ってきたらヒャダインの番組が元気に流れていました。

で、小林克也サンが、空港名にもなったブラジルの音楽家というクイズを出していて、検索するとアントニオ・カルロス・ジョビンなのですが、なぜかそこでジョアン・ビレイラ・ビント、否、ジョアン・ジルベルトイパネマの娘のあのオジサンの名前が出て、小林克也翁は最初、「ジョアン・ジルベルト」と言ってから、一拍おいて、「ホアン・ジルベルト」と言い直していました。

アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 - Wikipedia

pt.wikipedia.org

ホアキン・フェニックスとかの例もあるので、英語圏の小林サンは混同したんだろうかという。ジョアンがスペイン語圏の人間だったらホアンですが、彼はポルトガル語圏。"J"は"J"のまま。かわりに、ロベルト、ロドリゴなど、ブラジルでは"R"がハ行になるはず。ホベルト、ホドリゴ、シェハスコ、ヒオデジャネイロ(知らんけど)

https://ja.forvo.com/word/jo%C3%A3o_gilberto/#pt

リオデジャネイロ - Wikipedia

しかし自信がないかったので、日系ブラジル人のしとにはっちょんを確認しましたら、ジョアンはカタカナで書くほどハッキリはっちょんしないようで、私が何度「ジョゥン」「ジョーン」とそれっぽく言ってもオーケー出ませんでした。だいたいこういうのは、行きずりの旅行者レベルでは、よほど耳とカンがいい人以外は正しく習得出来ない。私は中国語でそれをハッキリ自覚しているはずなんですが、イチから語学をやるのはとてもしんどいので、ついついこういう行きずり会話ばかりしてしまう。きっと、一世以下のポルトゲス能力の邦人旅行者レベルと思われているのでしょう。実態として、旅行者ですらありませんが。

それで、帰宅途中、瓦斯や湘南にいたジャーンのジャーンは、ジョアンなんじゃないかとの仮説を立て、有頂天で小躍りしましたが、ちがいました。ジャーンはJeanで、Juanじゃないかった。

ジャーン・カルロ・ウィッテ - Wikipedia

冬季限定、からだがあったまるマトンスープ(チキンスープもあり)

拡大。

ストリングホッパー。イディアーッパ。

ストリング・ホッパー - Wikipedia

イングリッシュ・ペイシェントの原作者マイケル・オンダーチェサン(カナダに移住したスリランカのバーガー、蘭葡系欧州人の末裔)はこれさえあればゴキゲンだったそうなので、料理を純粋に舌で味あわない私はそれ以来これをときどき食べることにしています。それまでは、ビーフンまで手食でカレーをつけて食べようとするインド亜大陸に、ついていけないものを感じてました。本来昼食に食べるものではないそうですが、私は夜外食に行くことが少ないので(この時季は寒いし)この日は昼に食べました。

ビーフン。固まりごとに手食出来るようになっています。海苔をつけてオカカやシャケを入れてオニギリにしてもいいくらい(うそ)

ポルサンボル。この日もシニサンボル(砂糖入り)の存在を聞き忘れました。

何も言わなかったので、チキンカレー。

サツマイモのマッシュだか、豆だか。黒いのは胡麻に見えましたが、訊いてません。ちがうかもしれない。

私はまだ手食しないのでフォークでつかんで。

カレーに浸して食べる。

このように、具をはさんでくるんでも食べる。

さいごの一枚。長浜ラーメンではありませんが、替え玉ならぬ追加も出来たはず。二枚でいくらだったか忘れましたが。

完食。いつもならこの後、ランチタイムは百円でキリティースリランカシンハラ語圏ではチャイをチャイと呼ばず、こう呼ぶとか)が飲めるので頼むのですが、なんとなくぼーっとしてました。ほかの客が入って出てくのを見てた。

イディアーッパは南インドにもあるというか、ウィキペディアではそちらが本場のように書いてあるのですが、ミールスを出すようなマラヤーラム語圏インドの料理屋でまだ見たことがないです。タミル語圏のインド料理屋は、この辺にあるのかどうか知らない。回教徒スリランカ人の店は少なくとも三軒ありますが、フライドライスを出すパン屋(ワデもあります)が一軒、フライドライスとコッツを出す店が一軒、ワニのパンなどパンとドルフィンコッツ、チーズコッツを出す店が一軒です。最後の店はUAE製バービカンを出します。バービカンというとノンアルビールの名前でしたが、UAE製はただの柑橘系サイダーです。いずれもストリングホッパーはありません、行った時点では。

そうこうしてるうちに店主顔見知りの人たち(邦人女性やスリランカ人女性)が、スリランカ旅行の帰りに店に直行してきて、現地の知りあいの話などしだして、それを潮に店を出ましたが、その前に、若いスリランカ人のチャンネーが二人入ってきて食事をしだし、へえと思いました。インド亜大陸以西の店って、エスコートする男性がいないと、女性同士で外食なんか行かない(ムスリムは戒律で親族男性の同行必須)と訊いており、スリランカはシンハラ人が仏教ですが、かつてはやはり買い物など外出は男性パートナーもしくは男児の仕事で、女性は外に出なかったそうですので*1、今はゆるいんだなと思ったです。これが東南アジアなら、ベトナムタイフィリピンは言うに及ばず、インドネシア人女性もバンバン女性同士で外出するわけなので(ただし近年は原理主義者のイチャモンがいやなので、知り合いに見られそうな場所にはブルカガッチガチで行く)(そして今は群馬県でよそものの邦人男性にナンパされて殺されてるのでちょっとちがうかも)スリランカは男性の腰巻やビーフンは東南アジアから受け入れても慣習は南インドと共通も多い(女性はサリーだし)けど、徐々に変わっていってるのかなと思いました。

しかしこの若い女性二人が、当然のように食事前に手を洗って手食していたのですが、背筋をピンとのばして食事をするということがなく、ほとんど猫背、犬食い一歩手前のように前屈して手食していたので、こんなに凛としない手食は初めて見たと思いました。インド亜大陸の店やインドネシア料理の店など、手食を見る機会は少なくないのですが、こんな前傾姿勢で食べる人を見たのは初めて。ほんと犬食い一歩手前なので、今度誰かと話してみます。しゃんとして食べなはれ。

寝ます(寝ました)

今日も、明日も、穏やかに、静かに、落ち着いて、平和に。そして、出来ることなら、自分も周りもみな、しあわせにすごせますように。

『舞妓さんちのまかないさん 25 』"Maiko-san Chi no Makanai-san" vol.25(ANIME "Kiyo in Kyoto:From the Maiko House")(LIVE ACTION "The Makanai: Cooking for the Maiko House." )(少年サンデーコミックススペシャル) SHONEN SUNDAY COMICS SPECIAL 読了

これもその辺にあったマンガ。前の巻を読んでないと分かりづらいのではないかと懸念されましたが、そうかもしれないし、そうでないかもしれない。お屋形のお母さんと百子ねえさんのスピノフを前提としたくだりがあるのは分かりましたが、読んでなくとも、単行本の表紙くらいは書店で見てますので、てきとうに推測しました。要するに百子姉さんがジルベールでお母さんがセルジュ(ちがう)

表紙(部分)青森の雪。北海道は少し違うのかなとか、韓国や延辺だと家屋の形が違うかなとか、でも吉林省黒竜江省だとあれかなとかは思いませんでした。木の電柱がミソ。

表紙裏。作者の小山愛子サンはA型です。百子ねえさんの髪型や、お母さんの表情がやや幼くみえるようになった点、そして特に健太の外見的な成長ぶりが、実写に引き摺られてるのかもしれないが、私には分からないなと思いながら読みました。是枝監督で、ネトフリで、さゆりとは関係なく、ただこの頃祇園や舞妓の性ナントカ問題があったので、その辺を勘案したドラマになっているのかもという気はします。予告を見ると。

www.youtube.com

フランス語をしゃべれない柴咲コウが全編フランス語のセリフをしゃべらされる時点で、いちばんエロい長澤まさみを激写した「散歩する侵略者」や、「ウズベキスタン前田敦子を放置して帰って来た」黒沢清監督らしいと思ったのですが、それは是枝監督とは無関係。「逆噴射家族」の小林よしのり監督とも無関係。

 週刊少年サンデー2023年第13號~16号、第19号~第22・23合併号、第26号~第28号掲載。

●ILLUSTRATION/小山愛子(作者)
●DESIGN/徳重 甫+ベイブリッジ・スタジオ
連載担当/水口岳丸/中辻圭子
単行本編集/中辻圭子/久保田滋夫/布瀬川昌範(アイプロダクション)
企画協力/三枝桃子

久しぶりの故郷、すこしだけ、景色がちがってみえた。

帯 

頁15、カニ缶は実物を棚に置かず、ふだを持ってレジに行くと出してくれるんだそうで、高級品狙いの万引き横流し防止策と思いました。

頁47で「ニンニク農家」とあるのに、次巻予告では「ニンニク農家」と、「の」が入っており、「ニンニク農家」でええやないかと思いました。シイタケ以上に中国産に押されてるじゃいかと思う。がんがれ。

頁138、いまどき缶ビールでなく大瓶が常備されてる中渡家は、さすが親戚が多い旧家と思いました。ケースで酒屋から届けてもらうんだろう。そして青森は寒いので天然冷蔵。

年末年始に故郷・青森へ。今までの自分、これからの自分に思いを馳せる―― 故郷で過ごす3人の時間 俺のメシ、喰って欲しいんだ。 健太、「"人のために"作る料理」に挑戦 ただいま、すみれ。すれみ、母と本音の会話…

帯裏

この巻は頁132「自分の店を持つ」宣言のコマに尽きると思います。ビッグコミックのモラトリアムグルメまんがに爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。数冊読んでなかったあいだに、絵の処理がなんしかゴージャスになった気がするのですが、根幹は変わらないです。彼の頁20のサーブもサマになってた。皿三枚持ちしてるのかな。左側から右手でサーブ、でしたっけ。

京甘堂のブランデーケーキ 健太のハンバーグ ばあちゃんがむいてくれたりんご

まあ私は左のは食べまへんけどもや。以上

【後報】

頁135、夜道はこれくらい暗くないといけないです、本来。ただし、それだから、歩ってはイカン、危険が危ない人はあるったらアカン。

(同日)